株式会社ジーゼ: オタメシワークス運営

〒550-0001

大阪市西区土佐堀1-5-11 土佐堀プライム9F

TEL

 月曜-金曜日10時〜19時:0664678290

FAX:0664678291

E-mail: otameshi@gzeal.co.jp

有料職業紹介番号27-ユ-302796

  • ツイッター - ホワイト丸
  • Facebook - White Circle

※ご希望やご経験の内容によっては、案件をご紹介できない場合もございますのでご了承ください。

Copyright © gz.inc All rights reserved.

  • オタメシワークス

【私達がOTAMESHI worksを始めた理由】

最終更新: 2019年9月23日



~まずはジーゼの会社紹介~


企業体験型転職・社会人インターンサービス“OTAMESHI works(オタメシワークス)” を運営している株式会社ジーゼ代表の鈴木と申します。弊社は大阪・東京・ミャンマー・カンボジアにてゲーム開発事業・教育事業・海外、国内人材事業を展開する会社で創業10年目となります。


株式会社ジーゼはゲーム開発会社として創業スタートしましたが、ゲーム開発も人財ありきのビジネスなので採用・教育に頭を悩ませてきました。特に会社設立当初は社員数も少なく、知名度もなく、お金をかけても応募がこない、応募がきても面接当日にドタキャンされるなど散々でした。


そこで、メンバーにとにかく知人を紹介してもらえないかとお願いしました。知人の方にはまずはオフィスに遊びに来てもらったり、食事をご一緒してもらったりしながら、会社に実績もないので“会社のビジョンや夢“を語り続けていきました。そういった動きをする中で、想いに共感していただき入社してくれるメンバーも徐々に徐々に増え会社を軌道に乗せることができました。


~私たちも採用のミスマッチに悩んだ~


ここ数年はおかげさまで、大型のゲームやシステム開発案件をクライアント様よりリピートいただけるようになりました。しかし、大型案件に対応するためには新たに採用するメンバーや協力会社様のスタッフ様が大勢協力いただくことになります。そうなると面接時に期待したスキルと働き始めてからわかる実態スキルとのミスマッチの問題が顕在化するようになってきました。それは業界経験者の場合でも起こりえます。弊社の場合は、参画いただいた1日、2日はオリエンテーションや案件説明。3日〜5日でタスクの把握・準備。そして翌週からタスクのアウトプットに入っていただきます。


すると、ここでのアウトプットを見て、「おやっ!?」と何か違和感を覚える時があります。アウトプットが期待した水準にないときです。さまざまな原因がここでは考えられますが、原因の中で一番問題となるのは、アウトプットを導くまでの基礎能力、標準スキルが欠如しているケースです。こうなると周りのメンバーが該当メンバーの教育に時間が割かれることとなり、当初の運営計画から乖離していくこととなります。期待値とのギャップが大きいほど教育コストはかさむのでどこかで予算・リソースが限界に近づきます。そうなると新しいメンバーは自信喪失するだけでなく、長期的に活躍することで得られるキャリア研鑽の機会が失われることとなります。もちろん企業側も採用コスト・教育コスト・在籍コスト・さらには事業機会損失と経済的ダメージに発展します。それらは一般的に社員1名が入社後3か月で離職した場合は187万円の損失にも上ると言われています。


お恥ずかしながら、弊社でもこういった不幸なミスマッチがありました。「どんな人材でも引き上げてあげるのが教育だ」と考え、問題が先送りにされてしまいがちです。そして時間が過ぎ、良くて試用期間のタイミングや事業半期のタイミングで本格的に問題視されるわけです。


そのとき、もっと早く問題を検知できるようになるのではないかと考えました。最初に問題がわかるのは、新しいメンバーが初めてアウトプットを出したタイミングです。そのタイミングを前倒しにすれば早期発見ができるのではないか。例えば弊社の場合、会社のオペレーションにおけるオリエンテーションのスケジュールを薄く長くして、まずは簡単なケーススタディを共に取り組みタスクアウトプットしてもらうことで明らかに面接の時よりもスキルの実態を把握することができました。


特に中途採用時の面接ではわからなかった情報が、数日のアウトプットを見れば把握できるという経験がありました。冷静に考えると面接は『“主に仕事の遂行能力を図る場ではなくコミュニケーション能力や組織の一員としての適格性を図る場”』です。数時間の面接だけで判断することで実態スキルへの期待値ミスマッチがおきて上述のような損失が発生しても決しておかしくないわけです。企業と候補者との時間をたとえ1日、2日でも捻出し向き合うことで仕事の遂行能力を互いに確認しあうことができれば、それは非常にコストパフォーマンスの良い投資だと感じております。


~OTAMESHI worksが提供したい価値~


“OTAMESHI works”が皆様に提供する価値の1つはまさにこの『求職者様の能力とそのポジションがマッチし活躍できるキャリアであるかの確認』です。2つ目は次回お伝えしたいと思っている『求職者様が経営理念・ビジョンに共感しカルチャーフィットできるかの確認』です。我々は1日からの企業体験・インターンを通じて“不幸なミスマッチ0”を目指します。近年、労働力不足の転職市場において採用の厳しさが増す中堅企業様・ベンチャー様こそこの採用フローを導入していただきたいと思っています。それは大企業ですらも安定神話が崩れてきており、求職者様は短期視点でもしっかりキャリア形成できるのかということを重視するようになってきているからです「1年目は具体的に何をして何を得られるのか。2年目は・・・?」ということを明確にお伝えし、求職者様にその企業で働く手触り感を感じてもらう必要があります。そのためには1度や2度の面接では足りません。逆に1日からでも時間を共にすれば実際の仕事や経営理念を社長やマネージャー自ら伝えることができ自社をアピールする大きなアドバンテージになるはずです。それこそ是非一度OTAMESHIいただき、自社の採用戦略の一環としてご検討いただけますと幸いです。



50回の閲覧

職種・スキル・企業名などで検索してみよう

その他公開されていない求人も多数。お問い合わせください。